パリ、バガテル公園のバラ園

 歴史と伝統のバラ園を訪れる、パリのバガテル公園

6月といえば、まさにバラの季節。
こちらは、パリから気軽に訪れることのできる
バラのの有名どころのひとつである
バガテル公園の中にあるバラ園です。
DSC03122
このバラ園は、1世紀以上続く歴史と伝統を誇る
バガテル新品種国際バラコンクールの会場としても世界的に知られている場所。

バラ園のあるバガテル公園(Parc de Bagatelle)は、
元々ルイ16世の弟アルトワ伯爵によって作られた
18世紀に典型的なアングロ=シノワ様式の庭園で、
フランス革命などの紆余曲折を経て、
現在はパリ市が管理運営しています。

バラ園は、1905年に造園家ジャン=クロード・ニコラ・フォレスティエによって作られ、
こちらもすでに1世紀を越えた歴史あるバラ園です。
DSC03135
17000㎡の敷地に、
フランス式の幾何学的な左右対称のデザインで形作られたバラ園、
中心にはツゲのボーダーで囲まれて区画分けされた芝生に
様々な品種のバラが植栽されています。
そのバラの数、9000本、1200種をカバーし、
モダンローズのナショナルコレクションの位置付けとなっています。

バラ園の中の花は潔く、様々な種類のバラのみ。
シュラブやつるバラや、花の色も形も本当にあらゆる種類のバラが集まった
生きているバラのミュージアムのようです。
DSC03112
見頃は年によっても変わりますが、
5月〜10月までと言われています。
なかでもバラ満開の季節のいま、
園内は様々なバラの花の色彩に溢れ、
佇んでいるだけでバラの香りが漂ってくる
すごいことになっています。
DSC03103
全体的に、色彩計画も何もないんじゃないかと思われるほどに、
自由にカラーとテクスチャーが溢れています。

ボタニカルなコレクションとしての位置付けから、
それぞれのバラにはネームタグがついて、しっかり区別されているので
各々の特徴を掴むには、とても良さそうです。
珍しい品種も少なくないはずです。
バラ好きな方なら狂喜乱舞してしまいそう。

しかし、バラって、場合によっては一本でも相当に存在感のある花です。
それが1900本ですから、ひたすら圧倒されました。
この色彩の氾濫が果たして良いのかどうか、
判断力がなくなるほどです。
とはいえ、後で撮った写真を見てみると、
そんなに悪くないので、
あらゆるカラーが爆発している、というのも
バラ園に限ってはありなんだろう...と思い始めたところです。

続きを、また!

[関連記事]他のバラの庭へはこちらをクリック→★★★


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事