profile

遠藤浩子
Hiroko Endo

ガーデンデザイン・庭園文化研究家
フランス語通訳・翻訳

東京出身。慶應義塾大学卒業後、パリのエコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。庭園の世界に魅せられ、フランス国立高等造園学校、及びパリ第一大学大学院にて歴史的庭園と景観コース修了。現在はフランスを拠点に、個人邸の庭園デザインやコンサルティングのほか、パリ日本文化会館でのフランス人向け日本庭園入門講座を開講し好評を得ている。

【執筆ほか】
・季刊総合環境雑誌「ビオシティ」にて(2019年〜)
 欧州の景観・環境事情「欧州グリーン・インパクト」を連載中
  ①パリの緑化大作戦
  ②ジル・クレマン「惑星という庭」
  ③フランス国鉄の木材利用
  ④ヴェルサイユ、王の菜園
  ⑤温暖化時代のフランスの水と庭
・Web日美旅コラム、ルドンルオーゴッホ他、取材協力(2017年〜2020年)
・雑誌「Pen」ポンピトゥー・センター特集号 取材協力(2016年)
・Webデプレ・パリコラムにてフランス、パリのグリーン情報記事執筆(2016〜2018年)
・国際バラとガーデニングショウ2017 トークショー出演「パリのグリーン最新情報」(2017年5月)

【講座・講演】
・日本庭園入門講座講師|パリ日本文化会館(2019年〜)
・仏人学生向け講演「日本庭園入門|ボルドー大学日本語学科(2020年2月)
・オンライン絵画鑑賞入門講座講師|対話型鑑賞プラットフォーム(2020年〜)

【通訳・翻訳(仏日)】
・SNCF Réseaux(フランス国鉄)日仏技術交流カンファレンス逐次通訳
・『バンクス花譜集』展(Bunkamura)イベント、
植物学者パトリック・ブランによるトークショー 逐次通訳
・神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展(Bunkamura)図録テキスト翻訳
・西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展(Bunkamura) 図録テキスト翻訳

【庭園&アート関連コーディネート】
・パリ緑化視察コーディネート|MS&ADインターリスク総研株式会社(2019年)
・舞台講演装花コーディネート|パリ日本文化会館(2019年)
・「ベストシーズンの南フランス庭巡り」ツアー企画|国際航空旅行サービス(株)(2017年)