イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その7] | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その7]

ウィズリー・ガーデン、クラシックなウォールド・ガーデン

とにかくガーデンの内容が豊富なもので、
タイムアウトでも自分自身が見られなかったところ、
ご紹介できていないところもたくさんあるにもかかわらず、
ウィズリー散策、なんだか長くなっております。

こちらは壁に囲まれたシックなウォールド・ガーデンへの入口。
DSC01271

中は、フォリッジ・ガーデンと呼ばれる、
葉っぱのフォルムやテクスチャーが鑑賞ポイントとなる植物を中心にした植栽の
左右対称の整形式のクラシカルなガーデンです。
DSC01280
壁があると日陰になってしまう!と
すぐ心配になってしまうのですが、
寒い土地では、風が遮られ、日中温められた温度を
壁がより長く保つという効果もあります。
ヤシの木など、南の植物もがんばれるのです。

DSC01278

そして、数分歩くと、また全く別世界が待っているところが
本当にすごいのです。

ウィズリー・ガーデン、野原の散策へ

DSC01248

ガーデンを囲む広い敷地内を流れるウェイ川に並行して、
ガーデン内にも野原と林が広がります。
松ぼっくりの林(大きな針葉樹たちがたくさん)、
その下にはピクニックコーナーがありました。
DSC01251
大きな針葉樹たちに囲まれたピクニックコーナー、
夏は気持ちが良いだろうなぁ。

さらに奥の方まで行ってみると、
素晴らしいヒース(エリカ)のコレクションに出会えます!

DSC01234

ヒースはヘザーやエリカとも呼ばれる
細やかな花をつけるツツジ科の常緑の低木です。
イギリスやアイルランドなどの痩せた土地に生えるのだそうで、
エミリー・ブロンテの「嵐が丘」の館の周りの
丘一面に咲いていたのはヒースです。
強い風にしっかりと耐えられるように、
低く密集したフォルムを作りだします。

DSC01235

ガーデンを散策しながらも、
広い野原にヒースが風に吹かれている、
ワイルドな景色を想像してみたくなりますね。


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お問合せフォームへ