ヴィランドリー城の名物は、野菜の庭(ポタジェ)

ヴィランドリー城の象徴、野菜のガーデン(ポタジェ)

フランスのなかでも代表格のヴィランドリー城の庭園。
シャルル8世がイタリアから連れてきた
造園家バルチェロ・デ・メリコリカーノに作らせたこの庭の
象徴となっているのが、野菜の庭(ポタジェ)です。

装飾菜園と言われると、なるほどなと思うような、
え、野菜の庭??という感じの
十字架型のシンメトリックな構成。

色彩もあざやかなこの景観、
よくよく見ると、
色とりどりのレタスやブロッコリーやハーブなど
野菜が主役の庭なのです。ちょっとした驚きです。

IMG_2044
ところどころにリンゴや洋ナシなどの果樹や
スタンダード仕立てになったバラがアクセントとなって、
クラシカルな雰囲気を醸しだしています。
通常に想像する菜園とは対極的な、野菜による装飾の庭。
IMG_2059
地割りはツゲの刈込みで。
野菜だけでなく、控えめですが花も使われています。
IMG_2044
ガゼボの一重のつるバラがとってもきれい。
IMG_2056

IMG_2057

そういえば、16世紀のマニエリスムの画家アルチンボルドは
野菜や果物で肖像画を作りましたが、
こちらの野菜の庭もエスプリが効いています、
遊び心にしてやられた、感じでしょうか。
フランスにルネサンスが導入され定着していくのも
同じマニエリスム期なのですが、
当時野菜や果物で造形するのが流行っていたのかしら
(あ、これは単なる思いつきなので。。。後日考察してみようっと。)

エコ・ジャルダンEcoJardinとは?

近年の全般的な傾向ではありますが、
こちらの庭園でも積極的にエコロジーへの配慮に取り組んでいて、
2008年から殺虫剤や除草剤などの化学薬品の使用をやめ、
害虫対策にはてんとう虫などの益虫を味方につけたりと、
オーガニックな方法を用いて庭園の維持管理を行っています。

フランスの庭には、Jardin remarquable(注目すべき庭園)などの
景観に優れた庭を認証するシステムがあるのですが、
エコロジーに配慮した庭を認定するEcoJardin(エコ・ジャルダン)というのもあって、
ヴィランドリー城の庭園は、歴史的庭園の中では初めて
このEcoJardin認証も受けた庭だそうです。

IMG_2775
メインの野菜の庭の横にはハーブガーデンもありました。
様々な異なるテーマのガーデンに点在するトピアリーの形がカワイイです。
IMG_2786
そしてハーブガーデンのあるテラスから野菜のガーデンを振り返る。
IMG_2774
アーチにもさもさと絡まっているのはブドウです。
野菜のガーデンを囲んで、ちょうどいい日陰の回廊となっていました。
この感じ、好きだなぁ♡

ヴィランドリー城の最寄りの街はトゥール、
ロワール川流域の古城巡りの拠点となる歴史ある街です。
続きに、ちょっとトゥールの街も散歩してみましょう。
それではまた!

いつもお読みいただきありがとうございます!


ブログランキングに参加中☆
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事