マルリー庭園、ルイ14世お気に入りのペットとは?

幻の庭、マルリー庭園にて

いまはオリジナルのかたちで残っていない、
幻の庭とも呼べる庭の一つに、
ルイ14世が最晩年に作らせたマルリー庭園があります。

庭園自体はすでになく、
現在のマルリーの庭園は
歴史研究も踏まえて再構築された、
ある意味まったく別の庭園になっています。

しかし絵画作品や当時の貴族たちの日記や書簡などから
当時の庭園のディテールを紐解いていくことができます。

表紙の写真はそうした当時の資料の一つ。
ボスケ(木立)に囲まれた池の図です。
中心には何かごちゃごちゃ見えるけれど...?
図版ではディテールまでよく見えないのが残念なのですが、
中心のごちゃごちゃ、実はコレなのです。

マルリー庭園の鯉の池 (Bassin des carpes)

Par Stan Shebs, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=63604

そうそう、何と錦鯉たち。
ルイ14世、実は大の錦鯉ファンだったのでした。
ということでマルリー庭園に特別に設えられた
錦鯉の池には錦鯉がうようよ泳いでいたのです。
中でもお気に入りは「ドレ(金色)」と名付けられた
黄金色の錦鯉でした。
ドレが見当たらなくなった時には、
池をさらって捜索させたところ、
(やはり)死んでしまったドレが見つかった
というような逸話まで残っています。

錦鯉人気は随分昔から、また遠い場所にもあったのだなぁと
ちょっとびっくりしたり、感心したりするのでした。

ではではまた!


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事