つかのまの庭ーオリエントの庭園展、パリ

庭の展覧会とつかのまの庭、アラブ世界研究所(パリ)にて

ジャン・ヌーヴェルが設計したことでも知られる
パリのアラブ世界研究所では、
様々なテーマでアラブ文化関係の展覧会が開催されています。

この夏はずばり
「アルハンブラからタージマハルまで オリエントの庭園展」
なるものが開催されており
庭好きとしては見逃すわけにはいきません。

展覧会の内容は、
サブタイトルよりもさらに幅広くオリエントの庭園文化を網羅し、
古代から現代のランドスケープに至るまで、
様々な関連の美術工芸作品をあわせた充実の展示でした。

そして注目なのは、
オリエントの庭園から着想して
美術館の外のスペースに作られた
「つかのまの庭」です。

太陽の光と乾燥にさらされたオリエントの庭は、
オアシス、まさに天国の表現として発展しました。

IMG_0824

シンメトリカルな構成で
中心を貫く水の流れを囲むバラの花たち。
そうそう、中東の庭にも欠かせないバラの歴史は古く
紀元前5000年のメソポタミア文明の頃から
すでに記録に現れています。

IMG_0866

アーモンドやレモンやナツメなどの果樹もまた欠かせません。

IMG_0834

そして涼しい日陰もマストです!
IMG_0848
本場程ではないにしてても
夏の日差しの強い午後、
広いテラス席は大人気です。

IMG_0865

そしてテラスの屋根も実は
植物のアナモルフォーズでもあるという
凝った作りになっています。

アナモルフォーズとは...[次回に続く☆]


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事