パリ、ロマンティック美術館のガーデン・カフェへ

パリ、美術館の中庭にてお茶をいかが

パリ、9区にあるロマンティック美術館(Musée de la vie romantique)は
小さな中庭がカフェになっていて、隠れた人気スポットです。

ロマンチックな美術館って?と名前には若干びっくりしますが、
ここは19世紀の画家アリ・シェフェールの住居&アトリエだったところ。
近所には作曲家ショパンや小説家ジョルジュ・サンドらが住んでおり、
この場所は彼らロマン派の芸術家たちが集う場所でした。

ということで、現在はロマン派にかかわりのある美術作品等を
展示する美術館になっており、
アトリエではデッサンなどのワークショップも行われているようです。

img_4301
通りから一歩入ると、
ツタにおおわれた建物に囲まれた中庭が現れます。
なんだかとてもパリっぽい、イメージ。
アトリエの建物は大きな窓が特徴。

img_4303
左手は住居だった美術館の建物。
この奥が、一段上がったテラスガーデンの
カフェ・コーナーになっています。
順番をまちながら、記念撮影中?のカップルが微笑ましい。

img_4307

かつてのオランジュリーがカフェに。
奥にはグロットも!
(グロットは庭園洞窟などと訳される、
庭園の意匠として人工的に作られた洞窟のこと。)

テラスガーデンも
建物をおおうツタも
そうとう鬱蒼としているようですが、
実はそうでもないというか、
適度な木漏れ日が心地よく
圧倒的に緑の少ないパリのなかで
ここに入ると、なんだかホッとして
ついカフェのテラスに座りたくなります。

img_4297
心地のよい緑の天井。

少しだけバラの花が残り咲いていましたが、
バラの株が沢山あったので、
バラの花の季節はさぞ美しいと予想します。

テラス・カフェの営業は5月から10月までだそう。
この時期パリに来ることがあればぜひ。

マロニエが色づき、プラタナスも葉を落とし始めました。
もう、冬がしんしんと迫ってくるような秋の日々です。
ではではまた!

◎ロマンティック美術館
(Musée de la vie romantique)
16 Rue Chaptal, 75009 Paris
http://museevieromantique.paris.fr/fr


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事