6月 | 2016 | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

ARCHIVE2016年 6月

パリ、バガテル公園もう一つのバラ園

バガテル公園の修景バラの風景 バガテル公園のバラ園として知られているのは、 広さ17000㎡、1900本、1200種のバラがコレクションされ、 例年バガテル新品種国際バラコンクールの舞台となっている 伝統的なフランス整形式庭園スタイ…

パリ、バガテルのバラ園を散策

 バガテルのバラ園の、バガテル新品種国際バラコンクール 今とばかりに咲き乱れる1900本のバラの色彩の饗宴に 若干、いえかなり圧倒されているバガテル・バラ園訪問です。 世界中のバラの育苗家やナーサリーが目指す、 もっともステイタ…

パリ、バガテル公園のバラ園

 歴史と伝統のバラ園を訪れる、パリのバガテル公園 6月といえば、まさにバラの季節。 こちらは、パリから気軽に訪れることのできる バラの庭の有名どころのひとつである バガテル公園の中にあるバラ園です。 このバラ園は、1世紀以上続…

ジョゼフィーヌのバラ園へ〜続きです

 ジョゼフィーヌのバラの庭の風景 庭のスタイルによって、魅力のポイントは微妙に異なりますが、 バラの庭はどんな感じなのでしょう。 2年前に作られたマルメゾン城のジョゼフィーヌのバラ園は サークルになったエリアを中心に、 …

ジョゼフィーヌのバラ園へ〜ふたたび

 オールドローズの庭、マルメゾン城のジョゼフィーヌのバラ園へ 6月、日本ではバラからアジサイへと季節が移っているようですが、 こちらパリではまだまだバラの時期。 特にオールドローズの開花時期は年に一度のこの頃です。 ということで…

フランス、セグレーズ城のアルボレトム(樹木園)の庭にて[2]

 木々の庭園を散策する 庭には欠かせない存在である木々たち。 文化圏それぞれに木々にまつわる意味は様々に異なりますが、 とくに年月を経た大木などは 神聖な存在であることもしばしばです。 そういえば、 日本でも神社でよく古木に…

歴史を感じる大木たち〜セグレーズ城のアルボレトム(樹木園)

 フランス、セグレーズ城のアルボレトム(樹木園)の庭にて このタイトルは一体何?という感じかもしれません。 アルボレトム Arboretumはあまり聞き慣れない響きですが 英仏語で樹木園や、樹木のコレクションそのものを意味します。 …

エタン・ゴヴェールの初夏

 べルサイユのリノベーション・パーク、エタン・ゴヴェール 大変久しぶりの更新となってしまいました。 皆様お元気でお過ごしでしたでしょうか。 楽しみにしてくださっていたみなさま、間があいてしまってごめんなさい! 5月〜6月にかけてフラ…

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」