ヴェルサイユ ガーデン

12月に入り、ますます日も短く、寒くなってきました。
フランスでは再ロックダウンが続いていますが、
今回は公園がオープンしているのがありがたい。
ヴェルサイユでも宮殿の庭園部分は閉鎖されているものの、パークは普通に散策できます。

すっかり冬になり、
朝は霜が降りるようになりました。
朝早くパークを歩くと、寒いのですが、
芝生は一面霜で真っ白で別世界のようです。
日によって表情は変わるのですが、
日が昇るにつれて霧が上がっていく様子、
朝焼けが大運河に映る様子など、
冬の朝は、
この季節ならではの美しさを発見できる
特別な時間です。


霜の降りた芝生の向こうで、カヌーが水上を音もなく進む様も清々しい。

息を呑むような美しい一瞬が
そこかしこで待っているようなウォーキング、
歩いているだけで幸せな気分になっていきます。

さらに、人出が少ないせいか、
今朝はアニマル特集のごとく、
ガチョウの群れや、白鳥のカップルに、
園路を走って木に登るリスなど、
たくさんの動物たちに会えて大満足。

最後にいつものお気に入りのベンチ。

こうしてみると実に絵画的。趣きのあるこの色合いがまたいい。

「色」というと、
冬の朝は夜明けが遅いので、
ウォーキングを始める頃はまだ夜明け前
ということもよくあります。
歩いている間にだんだん明るくなってきて、
気がつくと足元に残る落ち葉の黄色などが
はっと鮮やかに見えるようになっている。
そこでふと改めて周りを見回すと
さっきは薄暗かった風景の全体が、色を帯びて見えてくる。
モノクロームの世界から急にカラーの世界に入ったような
新鮮な感覚が味わえるのも、冬の朝散歩の醍醐味です。

冬の間、ガーデンウォーク・ツアーは休業中ですが、
個人的には、運動&森林浴と自然観察に足繁く通っています。
また、春に再開できるのが楽しみです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事