アルベール・カーン美術館の庭、パリ | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

アルベール・カーン美術館の庭、パリ

生まれ故郷の風景を再現

パリのブーローニュの森近く、
アルベール・カーン美術館の庭の散歩の続きです。
19世紀末〜20世紀初頭に
銀行業で財をなした実業家であったアルベール・カーンは
自邸を世界に目を向けた文化交流の場としました。

フランス整形式の庭、イギリス式自然風の庭や、
つながりの深かった日本の庭園を含むその庭園は
世界の5大陸を表しているのだそう。
カーンは、世界の平和を思い描く庭園に、客人を迎えました。
[関連記事]パリの日本庭園、アルベール・カーン美術館の庭

本格的な日本庭園がよく知られていますが、
いいなあ!と思ったのが、
庭園のなかの小さな森になった空間です。
IMG_1974
アルザス地方出身のカーンの生まれ故郷の
ヴォージュの森を再現しているのだそうです。

IMG_2538

いい意味で、パリにいることをすっかり忘れて
自然のなかに佇むことを満喫できる貴重な場所です。

施主の様々な思いや願いを反映し作られた庭園がまた、
訪れる人々に、自然の癒やしを分かち合う場所ともなる。
そうした庭の良さを改めて感じることのできる場所でもあります。

アルベール・カーン美術館では現在
隈研吾の設計による建物の改修工事が進んでいます。
庭園はそのまま残すそうですが、
どんな建物になるのか楽しみですね。
それではまた!

いつもお読みいただきありがとうございます!


ブログランキングに参加中☆
よろしければぜひ、いずれかおひとつクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お問合せフォームへ