ベルトン・ハウス&ガーデンの庭|ダウントン・アビーなマナーハウス | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

ベルトン・ハウス&ガーデンの庭|ダウントン・アビーなマナーハウス

ベルトン・ハウスはまた、王位を捨てる前のエドワード8世がスペンサー夫人と過ごした場所としても有名です。ひっそりとしたコージーな城館ということでしょうか。

IMG_0894
こちらはお客様用エントランスです。

こうしたお屋敷の1階以上は住居している家族やゲストのためのスペースですが、地下はまるごと使用人のスペースとなっており、ベルトン・ハウスでは、ダウントン・アビーさながらの様子を見ることができる地下ツアーが人気のようです。で、参加してみたところ、小さめなお部屋がまるごと冷蔵庫代わりだったり、上の階でベルを引っ張ると階下で鳴る呼び鈴があったり…しかし地下は寒かった。間違いなく上の階がいいです(笑)。

IMG_0931

 

お屋敷のなかで気に入ったのは、椅子の上のドライフラワーたち。見学者が座ってはいけません、というサインですが、ナチュラルにおしゃれな感じです。

 

さて肝心のお庭の方に移動します。鹿の群が走り回る広い敷地のなかのベルトン・ハウスには、フォーマルなイタリア式庭園、同じくフォーマルだけど、よりカラフルなオランダ式庭園などがあります。そしてブルーベルが花盛りだったウッドランドや湖も。

IMG_0767

上の写真はイタリア式庭園で、真ん中には噴水、奥の方にはオランジュリーを配置したシンメトリーなレイアウトです。

IMG_0739

オランジュリーの中はこんな感じで、南欧に来たみたいな雰囲気です。寒い国でレモンやオレンジを育てる温室はそれこそ贅沢なステイタス的装置の一つでした。

IMG_0741

オランジュリーの壁の片隅のシダ、なんですが、写真に撮ったら静物画のような佇まいです。

IMG_0809

そしてこちらはオランダ式庭園だそうです。まだ花が少ない春の始めなので、カラフルさよりも整然と刈り込んだグリーンの方が目立っています。

*ブログランキング参加中!
いずれかお好きなボタンを、どうぞポチッとお願いいたします♬

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへにほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」