フランスのガーデニングフェア、サン・ジャン・ド・ボールギャールの庭園にて[2]

フランス有数の人気ガーデニングフェア、
サン・ジャン・ド・ボールギャールの庭園にて

サン・ジャン・ド・ボールギャールは
パリから車で30-40分ほどの
エソンヌ県にある城と庭園ですが、
初めて耳にするという方が多いのではないかと思います。
花に囲まれたポタジェ(キッチンガーデン)でも知られていますが、
やはり逃せないのは春と秋の週末に行われるガーデニングフェアです。

シャンティイのガーデニングフェアより
さらに親しみやすい雰囲気、
出店しているナーサリーの質も高く、
フランスの庭好きたちの間では人気のガーデニングフェアで
毎年欠かさず来るというファンも多いようです。
金曜日の午前中だというのに、
着いた時にはすでに広〜い駐車場が車で満杯、びっくりでした。
みんなカートや大きなエコバックを持って、
本気で買いに行く雰囲気です。


中に入って、こちらにはオーガニックのハーブのスタンド。

グラス類が得意なナーサリーのスタンド。
ここにもすでに素敵な庭のシーンができています。

どんな庭を作ろうか、
どんどんインスピレーションが湧いているかも。

こちらは球根が専門のスタンド。
そうそう、そろそろ来春のための球根を選んで植える時期です。
野生のクロッカスなど、気になる球根がいっぱい。。。

城の敷地を利用しているので
このような小粋な一角も。

様々な種類のトマトの展示と試食をやっていたりと、
家族連れなどでも楽しめるような工夫も随所に見られます。

フレンドリーなお兄さんたちのナーサリー。


なんせ初めて行ったもので、
すべて目新しくて、見て回るのに時間がかかってしまい、
結局ランチ抜きになってしまったにもかかわらず
全部見られないうちにその日はタイムオーバー(涙)。
また来シーズン出直そうと心に誓うのでした。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事