パリの国立古文書館の庭

パリの散歩に人気のマレ地区、国立古文書館にもおしゃれな庭を発見

久しぶりにパリのなかのガーデン散策、ということで
前から気になっていた国立古文書館の庭に行ってみました。

国立古文書館(Archives Nationales)は、
観光スポットとしても人気のマレ地区、
ピカソ美術館やカルナヴァレ美術館などの近くにあります。

何度も何度も前を通り過ぎつつ、
特に用事がなく入ることがなかったのです。
というのも、覗いてみるとこんな様子です。
IMG_1003
ありがちな円錐トピアリーと芝生の前庭。
でも、何かちょっと違うかも。
芝生中央の植栽はナチュラル感満載のチョイスです。
そして、
実はこの前庭を抜けて、奥に続く道がありました!

IMG_1066
落ち着いた雰囲気の豊かな緑に囲まれた空間が出現します。

IMG_1009
誰でも入れる公園なのですが、
どこか瀟洒な邸宅の庭園に招かれたような
そんな雰囲気です。
IMG_1026
パリは一足遅く、オルタンシア(アジサイ)の季節ですね。
IMG_1025
庭園の中は、
幾つかの少し違う雰囲気のエリアで構成されています。
IMG_1050
ワイルドフラワーの草原と、
クラシカルな建築が絶妙なコントラストを成す素敵な風景。
上品かつフレッシュな印象。

これはもしや...と思うとやはり、
フランスで大人気のペイザジスト(ランドスケープ・デザイナー)
ルイ・ベネシュの設計でリノベされたガーデンでした。

IMG_1065
こちらは、花は一切植栽せず、
花木の花と緑のグラデーションのみで構成された
休憩用のベンチの並ぶ小道。
ミニマルだけどニュアンスに富んだ、静かな空間。
ちょっと読書でもしてみたくなりますね。

IMG_1033
こちらはワイルドな植栽を、整った生垣が取り囲む
古典とナチュラルのせめぎ合う場所。
遠くにハッピィそうなカップルまで写ってしまいましたが、
そんな感じの、花を眺めるくつろぎエリアです。

表通りからは一歩奥に迷い込み、
秘密の庭を発見するような
ちょっと嬉しいガーデン散策です。
ではではまた!


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事