ガーデンとアート:ショーモン=シュル=ロワール城 | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

ガーデンとアート:ショーモン=シュル=ロワール城

イギリス式庭園には、ランドアートがよく似合う

例えば、写真の、木から梯子が沢山下がっている作品は、
フランスのアーティスト、フランソワーズ・メシェンのもの。

何かのフェアリーテイルを思い出させるような、
あるいは想像できるような、
ポエティックな雰囲気に惹かれました。
彼自身は写真家でもあり、彫刻家でもあり、
作品を写真にすることで、さらに作品を作る、
というアプローチをするために、
作品自体も大変フォトジェニックなのでしょうか。
歴史ある英式庭園スタイルのガーデン風景に完璧に馴染んでいます。

IMG_3270
こちらは日本のアーティスト、川俣正氏のインスタレーションのひとつ。
木製のデッキを先の方まで進み、ロワール川を一望できます。
(高所恐怖症の方はちょっと怖いかもしれません。)
IMG_3269

他にもツリーハウスがあったり。
DSC00264

こちらは森の中にドラゴンのようなシルエットが渦巻く、
流木を用いたインスタレーション。
DSC00275

林の中をさまようような作りになっているインスタレーションは
イタリアの代表的なアーティストのひとりである、
ジュゼッペ・ペノーネの作品。
DSC00288

まだまだ色々あったのですが、どれも、
庭園の風景、雰囲気のなかで
アートとガーデンのお互いが引き立て合う
よい関係が成立している例になっているのではと思います。
(次回に続きます。)


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」