リトル・カレッジ(イギリス)を見学[その1] | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

リトル・カレッジ(イギリス)を見学[その1]

イギリスでガーデン・デザインやランドスケープを学ぶ

遠景に立ち並ぶ木々の取り合わせも美しく
まさに絵画のような冬のガーデン風景は、
イギリス、エセックス州のリトル・カレッジ(Writtle College)構内です。

ロンドンから電車とバスを乗り継いて2時間ほど、
まさにイギリスのカントリーサイドのただなかにある
園芸やガーデン・デザイン、ランドスケープなどを学ぶ大学です。

この度はこちらに留学中の大学の先輩にあたる方と
先生のご厚意により、学内をウロウロするばかりでなく、
授業見学もさせていただくという幸運に恵まれました。
イギリスの大学でガーデンを学ぶってどんな感じ?
興味津々ですよね(^_-)-☆

DSC01096
この橋を渡って構内へ。

総面積どれ位の広さかは分からないという無責任さですが、
とにかく広いのです。
なんせ敷地内をフットパスが通っています。

ちょっと寒いけれど、空気がフレッシュな散歩道。
IMG_6675
元々は農業大学だったということで、
ガーデンやランドスケープ、フラワーアレンジメントなどの他にも
園芸や馬のセラピーの学科など色々あって、
フットパスをどんどん、
かなり遠くまで歩いた先には、
牧場もあります。
DSC01114

こちらは授業や作業するスタジオや図書館などの建物が集まる
エリアの一角。
学習のために色々なスタイルのスモール・ガーデンが作られています。
DSC01110
写真では少し分かりづらいかもですが、
下に沈んだサンクン・ガーデンになっています。

DSC01103
こちらは斜め線ベースの植栽モデルでしょうか。

DSC01107
正統派な整形式のガーデンコーナーも。

表紙の写真の木々は、
実はこちらも学習用の樹木のコレクション、
植物園のようにラベル付き。
他にも様々な種類の植物が配置されていて、
すぐに実物に触れて学習出来るというのは
実にうらやましい環境です。

気になる景色が一杯で、
なかなか建物の中に辿り着けない!うちに、
こんなステキな場所にも遭遇。
IMG_6690
小川の土手には黄水仙が花盛りの
こちらの散歩道は学内デートコース?にもなっている模様です。
(ということで、次回に続きます!)


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」