ガーデン・ディナーはいかが?

こちらはこの夏の思い出のワンショット。
フランスの夏は爽やかです。
北海道のような気候で、
通常はクーラーなど必要ありませんでした。
最近は気候変動で温暖化が進み
そうとも言えなくなってきたのが
頭の痛いところです。

暗くて寒い冬の日々を目の前に
南仏プロヴァンスの明るい日差しに
思いを馳せてみます。
こちらでの夏は
木陰にしつらえたテーブルで
ガーデン・ランチや
陽も落ちて涼しくなった頃の
ガーデン・ディナーが定番。

写真はディナーに向けて
テーブルセッティングを終えたところ。
テーブルの幅は狭めでも
少しづつ入れ違いにセットを組めば大丈夫、
正面がずれるので、
ゲストの方々にとっても
お喋りできるお隣さんの範囲も
フレクシブルに広がって
一石二鳥です。
この屋外テーブルは一木造りで
庭に備えつけなのですが、
テーブルが細幅であれば、
セッティングして使わない時も、
バランス的にもスレンダーで邪魔にならず、
立席のバーカウンターとしても使えます。

本番はキャンドルライトのみで
ほとんど闇ディナーだったのも
楽しい夏の思い出です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事