秋のマルメゾン城の庭園に その2 | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌのバラ園

マルメゾン城の庭園といえば
すぐ思い浮かぶのは皇妃ジョゼフィーヌのバラ園です。
世界中から様々なバラをコレクションしたジョゼフーヌの庭園で
自然交配による新種が作られ始めたことから
ジョゼフーヌはモダンローズの母として知られていますが、
当時のマルメゾンを飾ったのはオールドローズたち。
ほぼ消滅状態だったオールドローズのバラ園も
近年になって再現されています。[関連記事へ→◉ ]

一度ハマると抜け出せないくらいの
独特の魅力を放つオールドローズ、
しかし一期咲きであるのが特徴ゆえ、
一年の間にバラの花が咲いているのはほぼ2週間。
となると、バラ園の見せ方には一工夫が必要です。

9月後半訪れた際のバラ園。
低いツゲの生垣で縁取った植栽スペースには
宿根草や潅木類がバランスよく植えられています。
とはいえやはり、少し寂しいのは免れ得ない感じもあります。

中央のサークルに咲いていた唯一のモダンローズが、
表紙の写真のバラ、ジョゼフィーヌの想い出(souvenir de Josephine)。
皇妃没後200周年記念の年に作出され、
バラ園の再現とともにコンクールで選ばれたバラです。
ジョゼフーヌがよく髪飾りなどに身につけていたバラを思わせる
可愛らしい淡いローズ。

庭園内には鉢植えの植物もたくさんあります。
というのも、
ジョゼフーヌは鉢植えにしたバラの開花時期を
温室栽培で調整したりもしていたそうです。

ちょっと小さくて見えにくいですが、
整然と並んでいる素焼きの大型のコンテナは
イタリアで作られたもので、
まさにジョゼフーヌが使っていたのと同様の品を再現させているのだとか。
細部に至るまでの細やかなこだわりと心遣いが
行き渡っているのが感じられます。


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」