グリーンの風景、オーヴェル=シュル=オワーズにて

グリーンのある素敵な風景、パリ郊外

のなか、まで行かなくても、
ちょっと散歩していると素敵な風景にであう国、フランス。

IMG_2470
こちらはオーヴェル=シュル=オワーズのとある道端。
美術好きな方ならば、
ああ、ゴッホの終焉の地ね、と思い出すかもしれません。
ゴッホが「厳かなほど美しい」とまで言った町、
ゴッホがだけでなく、コローやセザンヌ、ピサロなどの画家たちも、
静かな田園風景が広がるこの場所を描いています。
ここは、町全体が庭のようなものかもしれないですね。

ゴッホが愛した町、オーヴェル=シュル=オワーズのかわいい緑の風景

IMG_2472
オーヴェル=シュル=オワーズ城に向かう道では、
いろいろかわいいおうちに出会います。

IMG_2476
やさしいピンク&ピンク。

IMG_2480
赤のドアや鎧戸に赤いつるバラのおうち。
くっきりビビッドでいて、
白っぽい石造りの壁で温かい。

IMG_2473
こちらはブルー系のトーン、
なんということはないのですが、素朴にいい感じだったり。

オーヴェル=シュル=オワーズ城内にも
こじんまりとした整形式の庭園がありました。
IMG_2460
丘の上なので眺めも良いです。

IMG_2468
今っぽい(というのでしょうか)
ドライな感じの植栽になったスペースもありました。
わざとじゃないと思うのですが、
画面の中央左手よりのグリーンのところ、
ちょうどハート型に開いているようにみえる!

朝さっと立ち寄っただけで、見学できず残念だったのですが、
オーヴェル=シュル=オワーズ城のなかは美術館になっています。
テラスのあるレストランもあり(準備中だったのですが)
なかなかにいい雰囲気でした。

観光地であるということは大きいと思いますが、
町のそこかしこにちょっと素敵な雰囲気の植栽が色々あります。
観光局の近く?あたりの花壇。
IMG_2442
白バラとラベンダーかな、
この白っぽい石造りの壁の質感と、
ホワイト&バイオレットの色合わせが素敵です。
散歩していて、いやそうでなくとも思うのは、
色彩計画、とっても大事!!
とくに公共の場においては!!!
と改めて思うのでした。

IMG_2483

今日の最後は麦畑、ではないのですが、
なんとなくそれらしい景色とともに〜。
それではまた!

オーヴェル=シュル=オワーズの観光情報はこちら←CLICK☆

いつもお読みいただきありがとうございます!


ブログランキングに参加中☆
よろしければぜひ、いずれかおひとつクリックお願いします♬

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事