イギリスの庭 | フランスの庭から | ページ 2

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

CATEGORYイギリスの庭

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その5]

英国の代表的なガーデン・デザイナー、スチュアート=スミスのコンテンポラリーなガーデンもあります! ウィズリー・ガーデンご自慢のグラスハウスと 隣接する池を半楕円形に取り囲む スタイリッシュなガーデンは、 イギリスを代表するガーデン・…

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その4]

世界中の植物に出会う、ウィズリー・ガーデン のびのび育ったカメリアやツツジ、シャクナゲたち。 日本の山に入ったように懐かしい植物たちが たくさん育っている丘の反対側に回ってみると、 ユーカリの木などのオーストラリアの植物エリアを…

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その3]

ガーデニングを全方向で知ることが出来るガーデン 植物にもランドスケープにも バランスよく目配りしている ウィズリー・ガーデンのアクティビティの大きな目的のひとつは ガーデニングに関する一般への教育普及なのだそうです。 30,0…

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その2]

冬でも見どころがたくさんのウィズリー・ガーデン散策 ガーデンとして造園されているエリアだけでも7ヘクタールに及ぶ 広大なウィズリー・ガーデン。 伝統的な英国風の自然な風景の中を散策できるエリアや、 2011年に100周年を迎えた…

イギリス、ウィズリー・ガーデンを訪れる[その1]

英国人にもっとも愛されている庭のひとつ、ウィズリー・ガーデン たとえ冬のさなかであろうと、 イギリスに来たらガーデンを見に行かないわけにはいきません! ということで、 英国王立園芸協会(RHS)が運営する4つの庭園のうちのひとつ、 …

リトル・カレッジ(イギリス)を見学[その3]

ワールド・ガーデン・ヒストリーの授業を参観 今回のリトル・カレッジ訪問で 何より印象的だったのが、 ジル先生の庭園史の授業。 事前に見学を快諾いただき、 ワールド・ガーデン・ヒストリーの 授業に参加させていただきました。 …

リトル・カレッジ(イギリス)を見学[その2]

イギリス、カントリー・サイドの雰囲気のなかでの学生生活 朝、リトル・カレッジ(Writtle College)に着いた時, ガーデンでは芝生一面に白く霜が降りていました。 芝生だけでなく、垣根などにもフロスト(霜)。 これが本当に美…

リトル・カレッジ(イギリス)を見学[その1]

イギリスでガーデン・デザインやランドスケープを学ぶ 遠景に立ち並ぶ木々の取り合わせも美しく まさに絵画のような冬のガーデン風景は、 イギリス、エセックス州のリトル・カレッジ(Writtle College)構内です。 ロンドンか…

ケンブリッジ大学植物園、散策の続きです

一年中楽しめるガーデンとは? ケンブリッジ大学植物園、 その歴史は古く、1846年に創設されました。 大学での研究のために集められた 8000種以上の植物コレクションを有する イギリスでも主要な植物園のひとつです。 広い…

ケンブリッジ植物園のウインター・ガーデン

冬のみどころ、ウインター・ガーデン 8000種以上の植物コレクションを持つ ケンブリッジ植物園の広大な敷地は 一見ゆったりとした公園のようです。 芝生に大きな木々、 ところどころにベンチがおかれ、 のんびりと散策したり、好き…

さらに記事を表示する

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」