冬の庭のエバー・グリーン

冬も温室には緑がいっぱい

冬のガーデンでもフレッシュな緑がいっぱいの場所も、もちろんあります(^_-)-☆

写真はポタジェ・デュ・ロワの幾つかの温室の一角。
温室はフランス語ではSerre(セール)と呼びます。
(うーん、あまり耳慣れない感じですが。。。)

かつて、北国で南の植物や果樹を育てることが出来るということは
大変なステイタスでした。
なので、お城や大邸宅の庭園には、温室が備わっているのがお約束です。
[関連記事]ベルサイユ宮殿のオランジュリー

そして温暖化が進んだ現代では、
というよりはテクノロジーの進化により、
本来の役割を終えたかつての温室は
レストランやサロン・ド・テ、美術館などに転用されていたりします。

そういえば、建物内の温室仕様の緑のスペースも
ウインター・ガーデンWinter Gardenと呼ばれますが、
こちらもまた素敵な雰囲気をたたえていることが多いですね。

しかし今日はワーキングスペースとしての温室です。
IMG_4774
ポタジェの温室の一角、下に植わっているのはイタリアンパセリたち。
先日はこちらで雑草取りなどお手伝いしました。
作業するときは、土を踏み固めてしまわないように
ハシゴを渡してその上に乗って作業します。

IMG_4775
どんどん元気に育ってほしいパセリたちです♡
ではではまた!


いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログ更新の励みになります、
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事