ヴィランドリー城の庭園、まさにフランスのお城の庭 | フランスの庭から

庭を愉しむ〜ボタニカルとアートのある暮らしをご一緒に〜

menu

フランスの庭から

ヴィランドリー城の庭園、まさにフランスのお城の庭

ヴィランドリー城の庭は、まさにフランスのお城の庭

フランス、といえばまずベルサイユ宮殿の庭が浮かびますが、
数々のお城には、もちろん素晴らしい庭園が作られています。

なかでもフランスの城の庭として有名なのがヴィランドリー城の庭園。
古城巡りが楽しいロワール川流域では最後に建てられたルネサンス様式のお城で、
特にその幾何学式の庭園、ポタジェ(装飾菜園)で有名です。

IMG_2685
高台に登って、3層のテラス式の構成になっている庭園を一望。
といっても広すぎて、一度に全部は見渡せないのです。
IMG_2068
城館に近い手前のほうの幾何学式庭園が愛と音楽を表現しているそうで、
確かにツゲの刈込みがハート型になっていたりしてカワイイ。

奥の一段下がったテラスには、ヴィランドリー城名物のポタジェ(装飾菜園)があり、
左手の上段のテラスは水の庭園などになっています。

このシンメトリーな造形性、知っているような、知らないような
でもまさにヨーロッパのお城の庭のイメージです。
シンデレラのお城でも、白雪姫のお城にも、美女と野獣のお城にもいけそう。

そういえば、美女と野獣といえば、ちょっと前に映画がありましたが、
あの、庭と城の中と外をつなぐような赤いつるバラの使い方が素敵でした。
もしもDVDなどで見る機会があればぜひ注目していただきたい〜♡

ボダイジュの並木道と、お城のガーデンには欠かせない水景

こちらの眺めは、展望のある高台の林から、水の庭園のほうへ。
IMG_2691

やはり整形された並木道に囲まれた水の庭園は
ミニマリストとも言えるような、スッキリと広々としたしつらい。
IMG_2717

ちなみに並木道には
葉っぱがハート型でかわいい西洋ボダイジュの木が使われています。
日本では気候的にあまり合わないようで、
このような並木道になっていることはほとんどないと思うのですが、
イギリスやフランスでは随所で見かけます。

水の庭園から城館の方を見たところ。
IMG_2712
並木が静かな水面に映ってとてもきれい。
水は大きな鏡みたいに、刻々と変化する空と周りの景色を映して
本当に美しく、心理的な庭の空間がぐんと広がる気がします。
また、美しいばかりでなく、
水には人の心を落ち着ける効果もある様子ですし、
そうしたことで、庭園には欠かせない要素となっているのでしょう。

こちらの大きな池の水は、
植栽への灌水にも使えるような仕組みが作られており、
エコロジカルな配慮もなされています。

シンプルそのものの広々としたスペースの隣には、
噴水がポイントの、ナチュラルな庭が続きます。
IMG_2086
ラベンダーやブルーサルビアでシックに統一されていて、
静かな水音とよい香りが。
ヒーリング効果も満点。

さらに進むと、イエローベースの明るい植栽のコーナーに。
IMG_2734
構造はやはりシンメトリーですが、
植栽はグラスなども多用された、ナチュラルな雰囲気です。
IMG_2733

なかなか名物の装飾菜園(ポタジェ)にたどり着かずに恐縮ですが、
まずは続きをお楽しみに☆

いつもお読みいただきありがとうございます!


ブログランキングに参加中☆
よろしければぜひ、いずれかクリックお願いします♬
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブログランキング参加中!

お好きなのをポチっとお願いします♡ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

このブログの運営者

10612834_769500649782637_1653841350070690080_n こんにちは☆ 庭好き、ボタニカル好き、アート好きのHirokoです。 フランスをはじめとした様々な庭のこと、庭から広がるアートや旅のことなどを綴っています。ボタニカルとアートのある美しい暮らしをぜひご一緒に♬ ⇒もう少し詳しい自己紹介はこちらへ☆

Instagramやってます☆

よかったらのぞいてみてください☆ 写真をクリック!⇩ 11899802_1616893065251805_5162313017671986663_n

☆お気に入りに登録♬

ブックマークして今度から簡単にアクセス⇒「Ctrl+D 」